B玉

日記やらぼやきやら。コメントや拍手のおへんじは「おへんじ」にて。リクエストは受けつけておりませんのでご了承くださいませ。


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


06
Category: ヘタリア   Tags: ---

原因:幸福過多

わたしの心境
伊「に・・・日本!?どうしたの大丈夫!?具合悪いの?」
日「具合は悪くありませんよ・・・。
ただあまりにも供給が多くて・・・嬉しいことなのですが老体には厳しくて・・・!」


ここのところご本家様の更新頻度が尋常じゃなくてそれでも十分にウハウハしてたのですが
まさか・・・まさか・・・リアタイ更新に立ち会えるとは・・・!!
遅れてハマった口なので、昔のリアタイログ見ながらこの瞬間に立ち会ってみたかったな~と
思ってはいましたが、ま・・・まさか本当に立ち会える日が来ようとは・・・!(二度目)
とってもとっても嬉しいんですが、心の準備ができておらずアタアタフタフタしてます。
せっかくだしハロウィン企画の絵もなにか描きたいな・・・ソワソワ。

連休中には6巻とドラマCDも堪能したのでヘタリア充しすぎて本気でやばいです。
も・・・萌え殺されるとはこのことか・・・!


続きに6巻とドラマCDの感想まとめときます。
好き勝手に感想書き散らしてるので無駄に長いです。

文章にならない気がするので箇条書きでまとめていきます。






6巻感想その1


・ア・・・アヴェノミクス・・・! ベ と言いきれないイタリア猫にぽゆぽゆさせられました。
 すかさず猫用i●honを取り出す日本猫も日本猫だ。

・トリュフ話についての逸話の挿絵のポチくんにきゅんきゅんました。
 せっかく取ってきて褒めて欲しいんだろうに、ご主人の眠りを妨げるのも気が引けるから待ってるのかな。
 そして私の絵のトリュフがうさぎのウ●コにしか見えなくて悲しい。

・中国猫と米猫のやりとりだったけど、メリカの面を描きたいがために飼い主に演じていただいた。
 アメリカは同情とか心配とかではなく、心の底から信じられなくてあの台詞を言ってたらいいな。

・森の中でなんか出そうだねって話ししてるアメリカとイギリスには突っ込みどころしかなかった。
 イギリス一応突っ込んでるけど突っ込むべきとこはそこじゃない!そして脇腹つつき倒すって何です?
 そんないまいち会話が噛み合ってない2人が好きです。

・忙しそうなイギリスに気を遣っちゃって話しかけられないちびカナダにもだもださせられました。
 そしてクマ二郎さんいいこと言う!最近クマ次郎さんの株がすごい上がってきてます。
 そんなちびカナダを気にもとめず「ごっはーん!!」って突撃しちゃうのがちびメリカクオリティ。
 でも最後、イギリスがカナダにもちゃんと気づいててくれててよかった・・・!















6巻感想その2


・ナポリタンに意表を突かれてるときのロマーノがめんこかった。認めたくないけど美味い!って感じがいい。
 そして祖国のかっぽう着の似合いっぷりは異常である。

・子育て下手な自覚はあるのになかなか改められないイギギがいじらしい。
 料理のときといい、けっこう本気で困ってるときは素直にフランスに聞きに行くのね。

・「お前の上司バーカwww」の破壊力、すさまじかったです。

・ドイツの家に我が物顔で居候するオーストリアさん流石。
 ハンガリーさんまでついてきちゃってるあたり、どれだけ生活力の無さ心配されてるんだろうな。
 なんだかんだで世話焼いちゃうドイツもドイツ。

・ちょっとしたことでほほいっと兵役を免除しちゃうイタちゃんがかわいかった。
 カンカン叩くハンマー(?)もピコハンなのがさらに愛らしさを増している。

・連合勢でもし宇宙人が来たらどうする?のくだりがフリーダムすぎて、改めてこいつらよく1つの
 団体としてまとまってるなって思った。
 得体がしれなくても引きちぎっちゃうよって宣言しちゃうろっさまがマジろっさま。
 イギリスの「アメリカはどんな奴も腹にパンチで一発だろ」ってセリフでワンパンマンを想像してしまったのは私だけでいい。















6巻感想その3


・なにげに6巻で一番ずっきゅんときたのはちびたりあとちびイギのお話かもしれない。
 改宗したって聞いて心配してわざわざイギリスまで来ちゃうちびたりあちゃんが天使すぎる。
 ほんとにちびちゃん時代のイタリアは出来る子だったんだなぁ・・・今は怖がって近づきもしないのに・・・(笑)
 そんなちびちゃんを尻目に、上司に惚れこんでドヤァって顔してるちびイギがアホでかわいい。
 そしてちびちゃん引かないであげて!引かないであげて!
 あと、イギリスの方が背も高いのにイタちゃんより赤ほっぺの面積が広かったのにときめきを隠せません。
 あれかな、久しぶりに誰かに絡んでもらえて嬉しかったのかな。
 そうだったら可哀想すぎる・・・でもそんなところがいじらしくて可愛い!

・祓魔師なロマーノが新鮮だった。たしかにバチカンとかあるもんね・・・当然といえば当然か。だがやはり新鮮!
 男の悪魔に憑かれるとか拷問だろって言い放っちゃうのもさすがですわ。

・イタちゃんと日本の食い意地同盟がここに固く誓われた・・・!
 某笑顔動画に投稿されている祖国のナトリウム動画が脳裏をさっそうとよぎりました。

・フランスお兄さんとカナダの組み合わせってなんだか不思議。
 かっこいいこと言っておいてさっさか降伏しちゃうお兄さん・・・!
 でもカナダは優しそうだからそこまで恨んだりもしてないんだろなあ。

・オンボロ船でガツガツぶつかってくとか、オーストリアさん変なとこ男前だな!
 そして負けちゃうイタちゃんもイタちゃん。

・呪いの歌歌うわ、顔見たらついばんじゃいそうって言うわ、ハンガリーさんどんだけプロイセンのことヤなのさ・・・(笑)
 妹と、オーストリアにはさん付けで、ドイツにはちゃん付けで、プーはアイツ呼ばわりで完全に
 ランク付けされてるよねって話ししてた。さらっとドイツがちゃん付けなのがじわじわくる。















ドラマCD感想


ドラマCDは絵がついてないぶん、脳内でキャラをフリーダムに動かせて妙に幸せな気分になります。

・しょっぱなっからニヤニヤせざるを得なかった・・・。
 徹夜イヤイヤ主張しまくってるイタちゃんがやっぱり可愛い。
 日本とドイツのやる気スイッチ入っちゃうと止められなくて、
 結局ズルズルついて行かざるを得ないあたりやっぱりヘタレちゃん。

・ドイツとプロイセンのケンカがどっちが兄貴だよ!!って突っ込みたくなるくらい面白かった。
 「出てけ!」と弟に言われても「ヤダーーーーーーーー!!!」と我を通すプーのやり取りが最高です。

・徒競走はカオスすぎた・・・!
 特製の靴で堂々とルール違反するアメリカくんさすがチート国家。
 でも事故って場外アウトしちゃうあたり、なんだか憎めないキャラしてるよなあ。
 せっかくスタートはトップだったのに、巻き添えにされてビッケになった親分は気の毒だが・・・!
 そしてなんだかんだで1位とっちゃうイタちゃんすごい!

・借り物競争のくだりは、おもしろすぎて美味しすぎてニヨニヨしっぱなしでした!
 "ヘタレ"の紙を拾って迷わずイタリアのところに向かってしまう日本さんひどいです(笑)
 イタリアと日本のコンビってお爺ちゃんと孫みたいですごく和む・・・癒される。
 あからさまにハズレくじな"岩"を引いてしまう大英帝国様さすがです!
 ドイツを歯に衣着せて説得すればよかったのに、わざわざ癪に障るような言い方をして
 頑固にさせてしまって自爆してるのが、やはりアホ可愛かった。
 プーはフランスお兄さん拾ってやれば勝てたのにもったいなかったなあ。
 でもあんな風に迫ってこられたら、切り捨てたくなる気持ちもわからんでもない。
 というかそもそも「イケメン?俺だろ!!!」って謎の自信はどっからでてきてんだ(笑)

・パン食い競争もさらにカオスすぎた・・・!!
 背が小さくてパンまでジャンプで届かないロマーノたちがドンマイすぎた。
 ジャンプして届いても、パンはパンでもフランスパンでとてもじゃないけど歯がたたないとか食わせる気ねーだろ!としか思えない。
 でもコルコルして落としちゃうロシアさんは恐ろしいコです。
 パンから変な汁出てても「大丈夫、食べられるよ~」って言ってゴールしちゃうから本当恐ろしいコ・・・!

・ムカデ競争も混沌としすぎてて面白かった!
 「おれ足動かさなくていいよね~」とか聞いちゃうイタちゃん、やはりヘタレの権化。
 せっかくいい調子だったのにカナダを忘れてふりだしに戻るを喰らってる連合も連合。
 そしてラストは祖国のカメラをもってしても同着ゴールとか・・・アメリカとドイツの意地すげえなあ。


おおむね満足ですが、個人的にロマーノとイギリスの声が若干高かったのが気になったかな。
でもアニメ終わってからけっこう経つもんなあ・・・しょうがないといえばしょうがないのか。
普段は低音でしゃべってて感情高ぶると声高くなるというのが好きなのでちょっとさみしいです。
あと、カナダがちゃんとしゃべるようになってなんだか感動。
おかげで時々アメリカと間違いそうになったよ!(笑)

そしてキャストコメントですが、浪川さんや高坂さんは1つのしゃべり枠で収めてるのに、
小西さん何故アメリカとカナダでそれぞれ1枠ずつとったし(笑)
だから音声さんに巻いて巻いてって言われてるってしゃべってたのかな。
高戸さんと甲斐田さんはお互いちょっかい出しあってて楽しそうで、なんだか聴いてるこっちまで楽しくなりました。
そいでもって岩村さんの「オレ・・・パンダヨリイイゾ・・・!」にもってかれました。
うわああああああクマ次郎さんんんんんんんん!!!


もうみんな可愛すぎてゴロゴロもんどりうつしかできないです。
はー・・・早く音楽プレイヤーにぶちこみたい・・・!!


・・・ここまで読んでくださった方いるのだろうか・・・?
こんな長々と付き合ってくださってありがとうございましたー!
いやあスッキリしました!!
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。