B玉

日記やらぼやきやら。コメントや拍手のおへんじは「おへんじ」にて。リクエストは受けつけておりませんのでご了承くださいませ。


10
Category: 漫画・アニメ   Tags: ---

わけがわからないよ?

ぐぬぬ

まどマギの映画2回見てきましたー!
1回目は展開を追いかけるのにいっぱいいっぱいだったので、2回目は映像美を堪能してきました。

初見にて、物語の結末に迫る中でこのへんまでやってくれないかなーとうっすら期待してた展開がありました。
が、まさかの公式が想像以上の映像をごっそりと携えながら、そのいらない期待に沿うような展開を
繰り広げてくださったので、後半はニヤニヤしっぱなしでした。
映画化館が真っ暗で心底よかったなーと思います(笑)


続きからネタバレ感想がんがん綴っていきます!
まだ見てない方はぜひ・・・映画館で見てからのぞいていただければと思います。

愛よ・・・


胸熱のはじまりはほむらが魔女化したところから。
キュウべぇを全力で潰しにかかってるあたりはまどかのため・・・!という彼女の鬼気迫った執念を感じました。
パンフで虚淵さんがおっしゃってた脚本以上に絵コンテでほむらが怖くなってしまったってシーンはこの辺かなあ。
あーだこーだ言ってるキュウべぇに対して「あなたに何がわかるの!?」と抽象的に絵の具で描きなぐったようなほむらが現れ、
それがシャレコウベにかわり、目玉がボロッと落ちてバラバラーッとなるシーンで、
鳥肌とは違う恐ろしさによるゾクゾク感を劇中で一番感じました。

みんなで力を合わせて魔女ほむを食い止めるところも熱かったです!
本編では敵対してた魔女の下僕たちがぽぽぽぽーんっと出てきてまどかたちの手伝いをしてくれたところとか!
ほむらと仲が険悪だったさやかが、スタンドもとい人魚の魔女を召喚して魔女ほむを全力で止めるところとか!
さやかと杏子の共闘とか!マミさんのティロ・フィナーレが巨神兵の破壊光線ばりの威力をお披露目したとことか!
本編では実現できなかった、もしくはしようとしても無理だったコラボがたくさん見れてたぎらざるを得ませんでした!!

かーらーの、まど神さまのお出迎え。
一緒に見に行った妹は「アソコからポカーンとしてたわ・・・」と言ってましたが、
ほむらが陰りのある顔を見せたあたりからの展開には内心 キタ━(゚∀゚)━!!! とテンションだだ上がりで見てました。
いや・・・ほむほむはこれまですんごい頑張ってたし、前述のほむらのためにみんなで力を振るった
夢のコラボ戦闘シーンもあったしだったので、まど神さまにおとなしく円環の理に迎えてもらって
安らかに穏やかに終幕でもかまわなかったし、むしろ普通はそうするだろうと思っていたのですが・・・ですが・・・。
さすが、まどマギ!!よくぞ茨の道を進んだ!!!と、お前何様やと言われる覚悟で賞賛の拍手のアメアラレをお送りしたいです。


ほむらからしてみれば、まどかとの出会いをやり直したいって願いで魔法少女になって、
でも魔法少女になって時間を何度巻き戻してもまどかを自分の手で救うことはできなくて、
ついにはまどかはとんでもない願いのために概念化してしまって隣にいることも叶わなくなって。
正直、ここでよく魔女化というか、自害しなかったなあと思います。
ここで立ち止まってしまえば、すぐにまどかとは会えたんだよね・・・。
でもそれじゃあ顔向けできないというか、せっかくまどかにつなぎとめられた命って思いがどこかにあったのかなあ。
まどかとの出会いは叶わなくなった今、できることはまどかが愛して守ろうとした世界を引き継いで守ることって考えたのだろうか。

相当まどかに執着し、入れ込み、ほむらの言葉を借りれば愛していたので、あの新編の結末は個人的には大納得なシメでした。
ただ、あそこから物語をさらに発展させるとしたらどうなるんだろうなあ。
見終わったあとはあれで終わりかなって思ったので、パンフでこの新編は新たな物語のはじまりって書いてあったのにはけっこうびっくりしました。
もぎとってきたまどかは、ほむらが抑えてなければまた円環に戻りそうだし、
あのまま普通にまどかが暮らしていたらいつかほむらと敵対しそうだし。
まどかと同じ地に立つことができれば、もう関係性はなんでもいいやって思っちゃってるのかな。
愛した人に殺められるのもまたよろし、みたいな。
ほむほむの独りよがりすぎる愛のせいで、なかなかハッピーエンドが想像できないのが正直なところです。
魔法少女だったらまど神の救済はあるけど、悪魔になってしまったほむらにそれは適用しそうにないし・・・うーん。







それいけ!マミさん


前半の世間一般で言うような魔法少女のキッラキラなノリが対照的な後半の展開をより印象づけてくれましたねー、もう。
わたしたち魔法少女戦隊!!ってやってるところはかなり微笑ましかったです。
さやかも全部分かっててアレやってるのかーって思うと付き合いがいいなあって思います(笑)

さやかといえば、テレビシリーズ中では正直そこまで好きではなかったのですが映画見てやっと彼女の魅力に気づけました。
おちゃらけてるようにみえて、良くも悪くもほんと一生懸命一途なんだね。

マミさんはべべを巡ってほむほむと本気で戦ってるシーンがかっこよすぎて惚れかけました。
時間操作の魔法すらものともしないとか、マミさん本当に5人の中では一番腕がたつ魔法少女なんだなって思わされました。

杏子はテレビシリーズ同様かっこかわいかったです!
ほむらが魔女化したとき、頭からあごのちょっと上まできれいになくなって
表情をうかがえなくなったほむらに手をあてがったときはどんな心境だったんだろうなあ・・・。
あそこのシーン切なすぎる。


みんな生き残ってるルートの世界になって、本来ならハッピーエンドだやったあと喜ぶべきなんだろうけど
この手放しで喜べない感じはなんなんでしょうね・・・。
本人たち幸せなのに周りから見ると不幸に見えるって状況をメリーバッドエンドというらしいですが、それに近しいものを感じる・・・。
まあ、DVDになったら欲しいな~って素直に思える傑作には違いありませんわ。
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom